Job

【ビジネスで使いたい】PowerPoint有料テンプレート おすすめ10選

TAKE
コストがかかってもいいので、おすすめのテンプレートはないかな

この記事はこんな方におすすめ

・クオリティーの高い、PowerPointのテンプレートを探している

・コストをかけてでも、人と被りにくいテンプレートを探している

・使いやすいテンプレートを探しいる

普段の仕事で資料を作る際、テンプレートを使って作成することがあると思います。

現在は無料で精度の高いテンプレートを多く提供しているサイトがたくさんありますが、自分が作成使用としている資料と合わなかったり無料でいいテンプレートを見つけるのに時間がかかることはあると思います。

今回は費用をかける価値があり、精度の高い資料作りのベースとなる有料のテンプレートサイトをご紹介したいと思います。

有料テンプレートを利用することで、格段に資料の質、作業効率が上がることがあります。

まずは無料、有料でそれぞれメリット、デメリットがあるため、先にそれらを見ていきましょう。
無料テンプレートをお探しの方はこちらの記事も合わせご確認ください。

※おすすめのテンプレートだけを見たい方は目次から「おすすめの有料テンプレート
サイト10選」を押していただければと思います。

無料と有料テンプレートの違い

有料 メリット

・チャートやグラフなど表現したいパターンのバリエーション無料テンプレートよりも多い
・精度の高いテンプレートがすぐに利用できる
・人と被りにくい資料が作成できる

有料 デメリット

・費用が発生する
・有料テンプレートを利用したからといって必ずしも精度の高い資料ができる分けではない
・イメージと違うテンプレートを購入してしまうことがある

無料 メリット

・無料で利用できる
・お試しで様々なバリエーションのテンプレートが気軽に使える
・イメージと違うと思えばすぐに他のテンプレートを利用できる

無料 デメリット

・有料よりもテンプレートの表現パターンが少ない
・自分が求めているテンプレートを探すのに時間がかかる恐れがある

ざっくりとした違いは費用が発生するかしないか。使用できるテンプレートのパターンが多いかなどです。まずは無料で探し始めるのも1つの手どと思います。

有料テンプレートを使う方がおすすめな場合

・図表、グラフなど多様する資料で、他の資料と見た目に差別化を測りたい時
・ページ数の多い(数十枚以上)資料を作成する時
・資料作成時間が多くない時
・デザインのクオリティーを求められている時

以上メリット、デメリット有料を使う方がおすすめな時を見ていただき、自身が作ろうとする資料にあったテンプレートを利用することをおすすめします。

それではおすすめのテンプレートを見ていきましょう。

おすすめの有料テンプレートサイト 10選


日本サイト

エフォートレス


上質にデザインされたテンプレートを1枚ずつ購入できるサイトです。
シンプルなデザインが多いので汎用性を高く資料が作れます。
気に入ったものだけを購入できるので、必要のないテンプレートがなく利便性が高いです。

公式サイト

Smike Templates


10万以上のテンプレートが揃っている大規模なサイト。
パワーポイント、グーグルスプレッドシートに対応しています。
基本無料で利用することができ、フルバージョンで使いたい先に有料となるため気に入ったテンプレートであれば購入することをおすすめします。

公式サイト

Bizocean


何千種類のテンプレートを配布しており、カテゴリーで細かく別れているので利用しやすいテンプレートサイトです。
無料のテンプレートも多いので、まず無料の物をみてから有料を検討したい時におすすめです。

公式サイト

テンプレートBANK


ビジネス系はもちろん、幅広いシーンのテンプレートを提供しているサイト。
カテゴリが細かく別れているので検索しやすいところが非常に利便性が高いです。
一部無料のテンプレートも提供しています

公式サイト

海外サイト

graphicriver


15〜20ドルで数百スライド入ったテンプレートが購入できます。
種類が多いので、人気順にソートをかけて探して始めることをおすすめします。

公式サイト

creative MARKET


スタイリッシュなテンプレートが多く、デザインのクオリティが高いテンプレートが豊富にあります。
デザイン性重視の資料を作成するときにおすすめです。
またデザインの高い資料を作成するのに参考にもなるので、購入せずとも閲覧するだけでも価値はあると思います。

公式サイト

PresentationLoad


改善、ビッグデータ活用、ビジネス、マップなどテーマ別に分類して販売されているテンプレートサイト。
プレゼンのストーリー性を想定してスライドがあるので、資料が作りやすいのが特徴です。

公式サイト

Slide Team


ピクトグラム、ダイアグラムの種類が豊富なテンプレートサイト。
提供数も豊富なため、利用したいテンプレートが見つかりやすいと思います。

公式サイト

Presentationdeck.com


モダンなデザインのテンプレートが多く、幅広いパターンの資料に利用できると思います。
提供数は多くありませんが、少ない分選びやすくおすすめです。
価格も1000円程度で利用できるため、大きな負担にはならないと思います。

公式サイト

Creative Market


スタイリッシュでかっこいいテンプレートを多く提供しているサイト。
価格は10〜70ドルほどかかりますが、クオリティーは非常に高いので、早急に作る必要がある精度の求められた資料作成時におすすめです。

公式サイト

まとめ

有料のテンプレートを利用することで、資料作成の作業効率を格段い上がることができます。
しかし必ずいい資料ができるというわけではないので、一度無料のテンプレートを探してみたり、購入前に目的に合ったテンプレート化しかりと検討することをおすすめします。

【無料・ビジネスで使いたい】PowerPointで使えるテンプレートサイト 10選

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKE

投資歴3年目□米国株・NISA・不動産投資□
収支管理・先取り貯金・目標設定をして
無理をしないコツコツほったらかし投資で
3年で資産30万→500万
韓国人の彼女と韓国語で話せるように現在勉強中

-Job